不動産投資にも税金がかかる

不動産投資というのは、賃貸物件を経営したり、不動産を売却したりして、利益を得ることです。 株や為替の場合、大きく市場が変動しますが、地価はそれほど乱高下することはありませんし、不動産投資の場合には月々得られる家賃収入があるので、比較的安全な資産運用の形です。 そうして得た利益ですが、賃貸経営であれば所得税に住民税などを払わなければいけませんし、売買では不動産取得税や所得税、住民税などが必要となります。 税金対策をしなければ、せっかくの利益を税金で差し引かれてしまうので、手元に残るお金が少なくなります。 節税をするためには、税理士に知恵を借りるのが一番の方策です。

Copyright ©All rights reserved.不動産投資の3つのタイプ.